〒814-0001 福岡市早良区百道浜3-7-1
TEL:092-852-0600(代表)

文字サイズ
小
中
大
検索

展示・イベント・おはなし会情報

福岡市文学館常設展示「本を編む」

展示

開催日時
2017年04月07日 〜 2017年10月15日
施設 福岡市文学館
開催場所 福岡市総合図書館1階ギャラリー

イベント内容

福岡市文学館では、総合図書館1階ギャラリーで常設展示「本を編む」を開催しています。

私たちが日頃手にしている本は、どのようにして形を与えられるのでしょう。
文章を書く作者が居て、活字にしたいと願う企画者が居り、事項や言葉の間違いを正す校閲校正者、文字を選び並べる組版者、デザインを考える装幀者、本の形をつくる印刷製本者が居ます。
それらすべての道ゆきを、自らの責任のもとひとつに束ねるのが編集者です。
本はただ作家がいればできるわけではありません。
どのような本も必ず、「編む」という過程を経て初めて、世に送り出されます。
大衆のただ中に身を沈めてその声を聞き、人に会い手紙を書いて、いまこの現在に切実に必要である言葉を探す。
どうしても編まねばならない本が出現すれば一心不乱に、必要な情報を調べて本を繰り、歩き回り、紙がなければ紙を探し、金が不足すれば金を工面し、協力者を求めて再び人に会い、それでもなお足りないところは自らが何者にも変化して一冊を完成に導く。
一瞬も緩むことのない緊張の中で継続されるそれら地道な裏方仕事は、あたかも一心に糞を転がすスカラベ・サクレのようです。
事実、本を編む人々は自ら多くを語らず、ゆえにその過程は本来、出来上がった本それ自体でしかないのかも知れません。
今回の常設展示では、それら想像することの難しい「本を編む」という過程に注意しながら、いくつかの本について、福岡ゆかりの編集者や出版社を介してご紹介したいと思います。

入場は無料です。ご高覧ください。


**福岡ミュージアムウィーク2017関連イベント・ギャラリートークのご案内**
2017年5月13日(土)13:30~14:00 於1階ギャラリー

常設展示「本を編む」の解説・案内を行います。
展示してある本の中から実際に何冊かの本を手にとってご覧いただきます。
申込は不要です。是非ご参加ください。

地図

前のページへ戻る

このページの先頭へ