〒814-0001 福岡市早良区百道浜3-7-1
TEL:092-852-0600(代表)

文字サイズ
小
中
大
検索

展示・イベント・おはなし会情報

福岡市文学館定例講座「ももちはま草紙」第82回“白秋音楽”の魅力を探る~大正期童謡から交声曲「海道東征」まで~

イベント

開催日時
2019年09月21日
14:00 〜 15:30
施設 福岡市文学館
開催場所 福岡市総合図書館3階第1会議室
事前申込み 要事前申し込み
費用 無料
定員 40名
ファイル 文学講座チラシ

イベント内容

9月開催の文学講座は、北原白秋生家・記念館の大橋鉄雄館長をお迎えします。
童謡百年の節目の年、白秋の音楽的な魅力を一緒に愉しみませんか?

§「“白秋音楽”の魅力を探る~大正期童謡から交声曲「海道東征」まで~」§
【講師】大橋鉄雄氏(北原白秋生家・記念館館長)
【日時】2019年9月21日(土)14時~15時30分(開場:13時30分)
【会場】福岡市総合図書館3階第1会議室*入場無料* 
    ※1階レストラン脇のエレベーターでお越しください。
【定員】40名(要事前申し込み) *申し込み締め切りました*
【主催】福岡市文学館

§講師プロフィール§
1952年生まれ。名前の「鉄雄」は白秋の弟の名に由来する。1975年福岡教育大学卒業。
2013年白秋の母校・柳川市立矢留小学校校長を退職後、2014年北原白秋生家・ 記念館館長就任。「歌詞に込められた白秋のメッセージ」等執筆、講演を始め、BS朝日「黒柳徹子コドモノクニ~白秋童謡の世界~」等TV番組にも出演。2017年5月より「西日本新聞」九州版に鶴丸哲雄編集委員とめぐる「二足の靴 白秋ぶらり旅」を月1回連載中。

§講師からのメッセージ§
 白秋は、「からたちの花」「この道」「待ちぼうけ」等山田耕筰との名コンビで数々の童謡を生み出しました。その他に校歌、社歌等も手掛け、それらの詩の集大成として、交声曲詩「海道東征」を最後に57歳で没しました。その後も、團伊玖磨をはじめ著名な作曲家の心を捉えて離さず、優れた歌曲、合唱曲作品が今も生み出されています。
 当日は、音楽鑑賞も交えて、歌の変遷と”白秋音楽”の魅力をわかりやすくお伝えしたいと思います。
 このお知らせをご覧になったあなた。これも何かの縁、ちょっと覗きに来られませんか?

【お問い合わせ先】
 〒814-0001 福岡市早良区百道浜3-7-1
 福岡市総合図書館文学・文書課 福岡市文学館担当
 TEL 092-852-0606 FAX 092-852-0609
 Eメール library-bungaku.BES@city.fukuoka.lg.jp

地図

前のページへ戻る

このページの先頭へ