〒814-0001 福岡市早良区百道浜3-7-1
TEL:092-852-0600(代表)

文字サイズ
小
中
大
検索

福岡市文学館

福岡市文学館概要

福岡市赤煉瓦文化館1階展示室

□住 所:福岡市中央区天神1丁目15番30号
 休館日:館の休館日に準じます。
 (毎月曜日(休日のときは翌日),12月28日~1月4日)
 入館料:無料

□交通案内:
 地下鉄「天神駅」下車 徒歩7分
 西鉄バス「天神4丁目」下車すぐ
 
■福岡市赤煉瓦文化館
 電話:092-722-4666

 建物は明治時代の建築家辰野金吾工学博士、片岡安工学士の設計により、日本生命保険株式会社九州支店として明治42年(1909)2月に竣工。ドームや小塔、屋根窓を配した銅板葺きの屋根や赤煉瓦と白い花崗岩の外壁は、19世紀末の英国様式を応用したものです。
 昭和44年(1969)3月に国の重要文化財に指定されたのを機に福岡市に譲渡され、長く歴史資料館として活用された後、平成6年(1994)2月からは赤煉瓦文化館 として市民に親しまれてきました。平成14年(2002)5月に1階部分に総合図書館を母体とする「福岡市文学館」を開設して、文学に関する様々な情報を収集・提供しています。

展示・イベント・おはなし会情報

一覧

福岡市文学館企画展「上野英信 闇の声をきざむ」

『追われゆく坑夫たち』で中小炭鉱の坑夫を描き記録文学者として知られた上野英信は、エネルギー転換によって消滅してゆく炭鉱で、生涯坑夫と歩みを共にしました。炭鉱の闇に坑夫の声を聴き、言葉に記し続けた...
開催日時/ 2017年11月10日 ~ 2017年12月17日
開催場所/福岡市文学館(福岡市総合図書館1階ギャラリー/福岡市赤煉瓦文化館)

詳細

【福岡市文学館企画展関連講座】トーク「上野英信の仕事、その後の仕事」

英信の近くでその仕事を見、自身の場所で仕事を継続してきた方たちに、上野英信について、それに連なる自身の仕事について、お話いただきます。 会場/福岡市総合図書館3階第2会議室 定員/各回5...
開催日時/
2017年11月23日   14:00 ~ 16:00
2017年12月09日   15:00 ~ 17:00
開催場所/福岡市総合図書館

詳細

刊行物の紹介

一覧

上野英信 闇の声をきざむ

企画展開催期間 平成29年11月10日(金)~12月17日(日)

変形判200mm×200mm 132p 定価1,000円 重さ276g(梱包料含) 送料300円(ゆうメール)



はじめに
第一章 下放する
 生涯を貫く下放のはじまり/『労働芸術』『地下戦線』/初期物語群/
 サークル運動 二人の坑夫の遺稿集/『せんぷりせんじが笑った!』
 『ひとくわぼり』/蝶のゆくえ 上野朱
第二章 記録文学者の誕生
 記録者の覚悟――絵ばなしから記録文学へ/『追われゆく坑夫たち』/
 『地の底の笑い話』/『サークル村』と、上野英信、森崎和江、石牟礼道子の〈闘争〉
第三章 地底からの通信
 『日本陥没期』/『天皇陛下萬歳 爆弾三勇士序説』/『どきゅめんと筑豊』
 『骨を嚙む』『火を掘る日日』/『近代民衆の記録2鉱夫』
第四章 追われゆく坑夫と共に
 『廃鉱譜』/筑豊文庫/「筑豊文庫」を支え続け受け継ぐ人々/
 『出ニッポン記』茶園梨加/『眉屋私記』松下博文/ 上野英信と沖縄 三木健
第五章 弔旗をかかげて
 『写真万葉録・筑豊』/岡友幸さんに聞く/民衆の怨念の化身として 川原一之/
 「筑豊よ」、逝去、追悼。/晴子さんのこと 樋脇由利子
作品/年譜/作品一覧
別冊編著書一覧


地図

このページの先頭へ