福岡市文学館

福岡市文学館概要

住 所:福岡市中央区天神1丁目15番30号
休館日:毎月曜日(休日のときは翌日),12月28日~1月4日
入館料:無料

交通案内:
地下鉄「天神駅」下車 徒歩7分
西鉄バス「天神4丁目」下車すぐ

電 話:092-722-4666

 建物は明治時代の建築家辰野金吾工学博士、片岡安工学士の設計により、日本生命保険株式会社九州支店として明治42年(1909)2月に竣工。ドームや小塔、屋根窓を配した銅板葺きの屋根や赤煉瓦と白い花崗岩の外壁は、19世紀末の英国様式を応用したものです。
 昭和44年(1969)3月に国の重要文化財に指定されたのを機に福岡市に譲渡され、長く歴史資料館として活用された後、平成6年(1994)2月からは赤煉瓦文化館 として市民に親しまれてきました。平成14年(2002)5月に1階部分に総合図書館を母体とする「福岡市文学館」を開設して、文学に関する様々な情報を収集・提供しています。

展示・イベント情報

一覧

no image

福岡ゆかりの作家、小島直記、大西巨人、井上光晴の、福岡における文学活動について、ご紹介します。 職業作家となる以前の青年時代、彼らは福岡で文学活動を行います。活動の初期において、彼らの文学はた...
開催日時/ 2016年05月03日 ~ 2016年10月02日
開催場所/福岡市赤煉瓦文化館1階展示室

詳細

刊行物の紹介

一覧

「POLYPHONY 多くの音/声の饗宴―福岡の詩1945‐1…

平成27年度福岡市文学館企画展「多くの音/声の饗宴―福岡の詩1945‐1965」
企画展開催期間 平成27年11月6日~12月13日

福岡の現代詩を紹介した展覧会の記録集。
福岡における現代詩の歩みを、発行された個性豊かな詩誌を手掛かりに、誌面を飾った作品や詩集を紹介。安西均、川崎洋、那珂太郎らゆかりの詩人や福岡の女性詩人らの作品と解説も収録。

B5判カラーあり 60p 定価800円 重さ150g(梱包材含) 送料205円 
 

地図

このページの先頭へ