〒814-0001 福岡市早良区百道浜3-7-1
TEL:092-852-0600(代表)

文字サイズ
小
中
大
検索

文書資料室

歴史的公文書について

福岡市役所では、市政の業務を行うにあたり、たくさんの書類(公文書)が作られており、その内容に応じて、永年保存されるか、一定の期間保存された後に廃棄されています。

このうち、市民の暮らしに関わりが深く、歴史的・文化的に価値がある公文書(歴史的公文書)については、市民の知る権利を保障し、行政の説明責任を果たす重要な資料として、後世に伝えていくため、総合図書館に移管し、市民の皆様に閲覧利用していただけるように整理・保存を行っています。



総合図書館で収集・整理・保存する歴史的公文書

・永年保存文書
  完結後30年を経過したもの。(現に使用しているものなどを除く)

・有期限保存文書
  保存期間が満了したもので、「福岡市公文書の収集に関する基準」により、
  歴史的・文化的価値があり将来に残すべきと判断されたもの。

 なお、次の資料については、閲覧を制限する場合があります。
  ・個人または法人の権利を侵害するおそれのあるもの
  ・整理中または、資料保存上、支障があるもの
  ・完結後30年を経過していないもの
  ・その他利用が適当でないと認められるもの


歴史的公文書の閲覧

(1)場所
   総合図書館 2階 文書資料室 (レファレンスカウンター4)

(2)閲覧方法
   資料保存のため、原則として、歴史的公文書を撮影したマイクロフィルム(白黒)での
   閲覧になります。 
   また、有料(コイン式)でマイクロフィルムを複写(コピー)することもできます。

(3)閲覧の手順
  ①閲覧を希望する歴史的公文書について、下記の「福岡市公文書資料目録」で
   検索し、資料番号・文書名称等を確認してください。

   検索の方法については、下記の「検索マニュアル」をご覧ください。

   なお、検索は文書資料室のパソコンでも可能です。
   また、資料が見つからないときなどは、文書資料室担当者にご相談ください。


  ②下記の「福岡市総合図書館公文書資料閲覧申請書」に、ご住所・お名前・資料番号・
   文書名称などをご記入の上、文書資料室担当者に提出してください。
   なお、申請書は、文書資料室にも用意しています。

  ③閲覧可能な資料については、文書資料室担当者がマイクロフィルムをリーダー機器に
   セットして操作方法をご説明しますので、ご自分で操作して閲覧してください。



歴史的公文書等の展示

総合図書館では、歴史的公文書の意義について市民の皆様にお伝えするため、
収集・整理した資料を活用した展示を行っています。

 ・場所 : 総合図書館 2階 文書資料室

 ・時期 : 国際アーカイブズの日(6月9日)にちなみ、毎年6月に開催
      (これ以外の時期については、資料のコピーを展示しています。)

お問い合わせ先

・歴史的公文書の閲覧について
  文書資料室 (レファレンスカウンター4)  (電話092-852-0629)

・歴史的公文書の制度について
  文学・文書課 資料係  (電話092-852-0607)

このページの先頭へ